An lab TOP


当研究室はスピンのダイナミクスのセンシング・イメージングをナノスケールで実現し、量子物性を探求し、応用を目指します。


 スピンのダイナミクスを利用してセンサーやデバイスへの応用へ繋げること(スピントロニクス)を目標に、固体物理の理解、材料探索、新しい計測手法の開発を柱に研究を進めてゆきます。希望に満ちた皆さんが研究に参加し、“わくわくする”研究の醍醐味に触れて成長し、将来の活躍の基礎を確立する場を提供したいと考えています。

2019.7.8  Dwi Pranantoさんの論文が出版されました!

       Imaging of stray magnetic field vectors from a magnetic

       particle with an ensemble_Jpn._J._Appl._Phys._58_SIIB20 (2019)

        

 

2019.4.11  新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

        Open lab. は以下を予定しています。

        4/18(木)15:30-

        4/23(火)15:30-

        5/13(月)15:30-

        気軽にマテリアル4棟51室までお越しください。

        安 東秀、toshuan@jaist.ac.jp

2019.02          修論発表会が無事におわりました(池田、貝沼)

2018.10.5-6  CRESTミーティングがJAISTで開催されました。

2018.04.14  新入生の皆さん、Open lab.を4/17(火)、4/25(水)、

        5/9(水)、15:30-に開催します。4棟51、54室までお越しください。

        個別の訪問も歓迎します。物理、化学、生物、工学等、バックグラウンドは

        問いません。toshuan@jaist.ac.jp

2018.04.04  新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

2018.03.23  M2の皆さん(勘原、岩田、永本、森山)修了おめでとうございます!

2017.10.04    当研究室の研究実績が10月4日付けの北國新聞に掲載されました。

2017.10.03    当研究室菊池研究員の論文が掲載されました。

        →プレスリリース

 〈専門分野〉量子スピン計測・イメージング、ダイヤモンドNV中心を用いた量子スピンセンシング・イメージング、スピントロニクス、量子スピンダイナミクス、磁気共鳴イメージング、走査プローブ顕微鏡法、量子計測

〈キーワード〉スピン、スピン波、マイクロ波、ダイヤモンドNV中心、新規計測技術、量子力学、電磁気学、量子計測、原子間力顕微鏡、水晶振動子

 

 

 


Physics

・スピン波

・マグノン

・磁気共鳴

・ラビ振動

・量子物性

Materials

・ダイヤモンドNV中心

・ダイヤモンド

・ナノダイヤモンド

・イットリウム鉄ガーネット(YIG)

Engineering

・原子間力顕微鏡(水晶振動子型)の

 制作

・共焦点顕微鏡の制作

・走査マイクロ波顕微鏡の制作

・超高真空・極低温走査スピンプロ

 ーブ顕微鏡の開発

・電子回路:オペアンプによる電流

 増幅回路制作

・プログラミングによる計測制

 (LabVIEW, MATLAB,Python),

 FPGA 

・マイクロ波ストリップラインの制作


Journey to Science